目を大きくできる|いろいろな施術を取り入れた美容整形外科で悩みを改善しよう
婦人

いろいろな施術を取り入れた美容整形外科で悩みを改善しよう

目を大きくできる

女医

目というのは、顔の印象、雰囲気を決定づける部位です。そのため、もっと目を大きくしたい、パッチリさせたいと思う女性は数多くいます。そんな方の間で人気なのが、千葉の美容外科の目頭切開です。目頭切開とは、目の内側を覆い隠している蒙古ひだを取り除く手術のことです。そもそも蒙古ひだは、目頭の所で目を隠している上まぶたの皮膚のことです。日本人は蒙古ひだがある方が多く、目が小さく、目が離れて間延びした印象になりがちです。そこで、千葉の美容外科の目頭切開を受けることで、今まで隠れていた目の部位が表に生じます。よって、これまでよりも目が大きくなります。また、目の横径が広がることで、立体的な印象の顔となるのです。

目頭切開は、目頭をメスで切開することで蒙古ヒダを取り除く美容外科施術です。よって、千葉の美容外科で施術を検討する場合、術後の傷跡がとても心配になります。実は、千葉のクリニックの場合、施術の傷跡は時間とともに分らない位にきれいになります。というのも、目の周りは血液の循環が良く、傷が早く治りやすいからです。また、術後の傷跡も目立たないので、メイクをすれば全く気づかれないです。ただ術後は、傷跡が気になるからと頻繁に触ってしまうと、なかなか治らないです。なので、普段の生活では、傷には極力触らないようにすることが大事です。そして、洗顔やシャワーを使うときも、大きな刺激を与えないようにすることもポイントです。